いわしのかば焼き丼

thumb_410
レシピを印刷
材料
いわし・正味:2尾(150g)
こしょう:少々
牛乳:大さじ3
小麦粉:適量
しょうゆ(A):大さじ1
みりん(A):大さじ1
酒(A):大さじ1
砂糖(A):小さじ1
ほんだし こんぶだし」:小さじ1/3(1g)
水:大さじ1
「AJINOMOTOサラダ油」大さじ1
温かいご飯:2杯分(300g)
青じそのせん切り:4枚分

2人分
調理時間 カロリー
20分 556kcal
(1)いわしは胸ビレのつけ根に包丁を入れ、頭を切り落とす。腹に斜めに包丁を入れて(胸ビレの辺りから尻ビレの前まで)腹ワタを取り、軽く洗ってキッチンペーパーで水気を拭く。

(2)中骨の左側に右手の親指を入れ、骨に沿って尾に向かって動かし、身を開く。

(3)尾を押さえながら反対の手で骨を持ち、身から骨を浮かせるように指でしごき、身と骨を分ける。尾を残して骨を切る。

(4)バットに(3)のいわしを並べ入れ、こしょうをふり、牛乳に5分ほどつける。

(5)ボウルにA、「こんぶだし」を合わせておく。

(6)フライパンに油を中火で熱し、(4)のいわしの水気を拭いてから小麦粉をまぶしつけ、身の面からフライパンに入れて焼く。焼き色がついたら裏返し、さらに焼き色をつけ、(5)を加える。

(7)味を見ながら水を大さじ1~2加えて味を調え、たれを両面に煮からめ、いわしのかば焼きを作る。

(8)丼にご飯をよそい、しそ、(7)のいわしのかば焼きを盛る。