旬の食材 - 季節の美味しさを愉しむ

新玉葱

新たまねぎ

春に出回る新たまねぎは、皮がやわらかく、みずみずしく、甘みがあり、辛みも少ないので、生食にむきます。
2月~4月(初春~春)が旬になります。"

選び方

・表皮がよく乾いたツヤのあるもの。
・表面を軽く押して、やわらかい部分があるものは、腐っていることがある。
・首がよく締まったもの。
・表面が白すぎないもの。

栄養

新玉ねぎも玉ねぎも、ビタミンB1、B2、C、カルシウム、鉄などを含みます。 新玉ねぎの辛味成分(硫化アリル)は、体の免疫力を高め、疲労回復の効果をもたらします。この硫化アリルとビタミンB1が結合する事でビタミンB1の吸収を高めます。

保存方法

涼しいところがあれば、ネットに吊るしておくか、なければ、新聞紙に包んで冷蔵庫で保存してください。 それでも、新玉ねぎは日持ちが悪いので、早めに食べきる事をお薦めします。
旬の食材バックナンバーを見る