とくし丸

サンプル
サンプル
サンプル

とくし丸販売パートナー募集

応募資格

1. だいたい35~60歳くらいの方。
   ⇒なぜなら
   ・商品の積込作業や車の乗り降り、暑い日もあれば、寒い日もありますのである程度の体力が
    必要な仕事です。
   ・様々な場面での対応が求められると思われますので、ある程度の就業経験を積んでからの方が
    望ましいと考えています。
2. 普通自動車運転免許が必要です。
3. 過去の経歴は問いませんが、真面目で誠実な人柄であることは重要な条件です。
4. 自己資金、銀行借入など、ご自身での車両購入資金の用意ができることが前提となります。

求める人物像
真面目で、誠実、さらに明るく笑顔のステキな人
おばあちゃんたちが安心して「また来てね」と言ってくれる人

収支について&開業までの流れ

 収入シミュレーション

日販(1日の販売額)6万円で、約27万円の収入となりますが、ここから経費(車両償却費、ガソリン代、レジ・リース料、車両保険代等)が約10万円くらい必要となりますから、実質の税込み手取額は17万円ほどです。“目安”としては、下記のような金額になります。
開業当初は5〜6万円のスタートと考えてください。

 日販7万円=32万円
 日販8万円=36万円
 日販9万円=40万円
 日販10万円=45万円
 (経費は含まれていません)

※車両の償却費は5年で計算。
 また、休日は日曜のみの、月25日稼働での計算です。

 開業資金内訳 (参考金額)
車両費(基本は2駆MT。AT、四駆により変動) 330万〜360万円
食品衛生責任者養成講習会・受講費
(各自治体により変動)
8,000円
食品関係・営業許可申請費(各自治体により変動) 3万円〜6万円
諸雑費 5万円〜10万円
合計 370万~390万円
 毎月必要経費内訳 (参考金額)
ガソリン費(担当エリアによって変動) 3万~4万円
自動車保険費 1万5,000円〜
レジ・リース費 1,000円
合計 5万~6万円

◎研修期間中約2ヵ月間は収入がなくなりますから、その対策を考えておく必要があります。
◎車両の「減価償却」をどう考えるかによって最終的な収入の捉え方が違ってきます。

 開業までの流れ

移動スーパー【とくし丸】の【販売パートナー】になっていただくためには、次のようなステップを踏んでいただくことになります。

開業までの流れ

事業説明、オリエンテーション
来社いただき、詳しい事業の説明を聞いていただきます。

とくし丸試乗、販売体験
興味を持っていただいた方には、まず販売体験をしていただきます。

資金調達、借入準備
意思決定したら、開業資金の準備をしていただきます。

販売エリアの決定
あなたが担当するルート販売の範囲を、相談の上決定します。

契約締結
十分納得していただいた上で、正式に契約書を交わします。・面接等あり

車両発注
あなたの「とくし丸」号の車両作りの発注です。

食品衛生責任者養成講習会・申し込み
食品販売を行う上で、必要な知識を身につけましょう。

販売先開拓訪問
あなたが販売するルートの訪問先を開拓するため、一軒一軒のお宅を伺います。

ルートマップ作成
見やすく分かりやすい販売先ルートマップを作ります。

食品衛生責任者養成講習会・受講
1日だけの講習ですが、食品衛生についてしっかり学びましょう。

備品の発注
ユニフォーム、商品ケース、手洗い液、レジ・ロール紙、買い物カゴ、滑り止め、日除けフック、保冷剤、サランラップ、セロテープ、ホワイトボード、のれん、雑巾、カッパ、等。
・店舗での仕入・積込・返品などの各種作業の習得(PC・スマホ使用)

レジ研修
レジ打ちの研修はやればやるほど上達します。しっかり慣れておきましょう。

販売先への挨拶回り
販売先への挨拶を兼ねて、訪問日の案内の各コースを回ります。

とくし丸・納車
納車後、登録手続き、保健所営業許可申請、保険の契約等を行い、積み込みテストをします。

販売スタート
さぁいよいよ、あなたの「とくし丸」号の販売がスタートです。沢山のお客さんが待っていますよ

※このページは、とくし丸本部の指針に基づいて作成しております

募集エリア

お申し込みはこちらへ
(株)サンリブ とくし丸事業部 TEL:093-932-1155
電話受付(月〜金 9:00〜18:00)
E-mail:tokushimaru@sunlive.co.jp