旬の食材 - 季節の美味しさを愉しむ

蓮根

蓮根

1年中、店頭で販売されていますが、やはり一番おいしくて栄養が多いシーズンは、11月~3月の寒い時期です。

選び方

・穴の大きさが小さくて、そろっており、切り口にアクが出て変色していないもの。
・太くて、まっすぐで、握った感じがしっかりしたもの。
・皮が自然な肌色のも。漂白したものは食感が薄れて味もおちます。

栄養

れんこんに多く含まれている栄養は、でんぷん(たんぱく質)がありますが、意外にもビタミンCも豊富です。その他には、鉄分やムチンなども多く含まれています。ビタミンCは、コラーゲンを合成するときに必要な栄養で、全身の細胞の結合をしっかりして、丈夫な体を作る栄養成分です。また、体に有害な活性酸素を分解して、免疫力を高めてガンや生活習慣病を予防する効能があります。ストレスがある時に、これに対抗する抗ストレスホルモンを作ったり、シミやそばかすの原因である、メラニン色素を減らす効能もあります。このビタミンCは、いくつかあるビタミンの中でも、体に有益な働き、効能が多い栄養成分です。一般的にビタミンCは熱に弱く、加熱調理すると減少率が大きいのですが、れんこんに含まれているビタミンCは、れんこんのでんぷんによって熱から守られています。このため、ビタミンCが多い他の食品を、加熱調理したときに比べ、減少率が小さくなっています。鉄分は、赤血球のヘモグロビンの材料となるミネラルで、貧血予防の効能があります。貧血予防には鉄分の他に、ビタミンB6、B12、葉酸(ビタミンB群)が必要ですが、残念ながられんこんには、この3つのビタミンはあまり含まれていません。ムチンは、最近注目されているポリフェノールの一種で、ビタミンCと同じく活性酸素を、分解する働きがある栄養成分です。活性酸素を減らすことによって、老化、生活習慣病、ガンなどの予防効果が期待できます。

保存方法

湿らせた新聞紙で包んで、保存袋に入れて、冷蔵庫に入れておきます。切ったまま保存するときは、空気に触れないようしっかりラップしておきます。れんこんは、冷凍保存すると味が落ちるので、避けたほうがよいでしょう。
旬の食材バックナンバーを見る